オイリー肌を手入れする

MENU

オイリー肌の手入れ

肌には様々なタイプがありますが、今回はオイリー肌の手入れの仕方について解説をしていきたいと思います。
オイリー肌とは、顔がべたつきやすく、油分と水分が多い状態肌のことを言います。
特に思春期になるとホルモンが活発になるので、オイリー肌で悩ませられる人が多いです。
皮脂の分泌が過剰になり、角質に汚れが溜まりやすくなるため、それが毛穴につまり、炎症を起こすことによってにきびができやすくなります。
思春期ににきびができやすい原因はオイリー肌にあるのです。
肌質を改善していくためにもスキンケアは大事です。
オイリー肌だと皮脂が多いから、保湿はしなくても大丈夫だと解釈をしてしまう人が多いですが、水分が足りてない場合、保湿をする必要があるので、オイリー肌でも保湿を行うことは重要です。
というのは、乾燥をしてしまうと、さらにホルモンが分泌されることになるので、悪循環になってしまいます。
オイリー肌を手入れするためにも、化粧水や乳液の成分には気を付けていきたい所です。
オイリー肌に効果がある成分はビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体はビタミンCを効率よく摂取できるように加工をしたものです。
ビタミンCには皮脂量を調節してくれる働きがあります。
さらにニキビを予防する効果もあるため、オイリー肌の人にはぜひ摂取をして欲しい成分です。
ですが、肌の手入れだけではなく、生活習慣の改善も視野に入れる必要があります。
肌荒れの原因やトラブルはスキンケアが多いと言われますが、生活習慣にも少なからず影響はあります。
特に睡眠を十分に摂取すること、バランスのよい食事をし栄養をしっかり取ること、タバコやお酒は控えると言った一般的な生活習慣を心掛けることもスキンケアにとっては重要なことになります。

そしてニキビはできてしまうと気になりますが、潰すことはしないようにしましょう。
ニキビを潰すことによって、クレータ状のニキビ跡が残ってしまう可能性が出てきます。
また、奥まで潰してしまうと、細菌が入ってしまい、ニキビが炎症を起こすことも考えられます。
ニキビを潰してまたニキビができてしまう原因になりかねないですので絶対にニキビを潰すことはやめてください。
症状が酷いのであれば、皮膚科に行って、診断してもらい薬を処方してもらうこともお勧めします。
それでニキビを治すことができた人も多いです。
正しいスキンケアを覚えることで対策できることは増えてくると思いますので、気を付けてみてください。

 

ニキビ顔