肌の構造を理解する

MENU

肌の構造を知ろう

スキンケアが大切なことは分かりますが、そもそも肌はどのような構造をしていて、どうなっているのかを詳しく知らなければ、スキンケアに興味を持つことが難しいと思います。
今回は肌の構造がどのようになっているのかを解説していきたいと思います。
まず、皮膚は「表皮」と「真皮」の2層となっています。
肌バリアにダメージが与えられてしまうから、刺激をしてはいけないと言われるのは、そもそも皮膚が薄いからです。
表皮も外側から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」と言う順番で構造されており、ある一定期間が経つと皮膚が?がれます。
皮膚の生まれ変わりは約1ヵ月程で、これを「ターンオーバー」と言います。
よくセラミドが配合されたスキンケア商品が肌に良いと言われますが、セラミドを主成分としている細胞間脂質が角質細胞とくっつくことで肌の水分を逃げないように働きかけてくれるのです。
そのため、肌のバリア機能の低下も防ぐことができるのです。
セラミドは肌バリアと水分を保つためには欠かせない成分となります。
また皮脂線と言われる線があり、そこから皮脂が出ます、皮脂と汗が混ざると皮脂膜ができ、肌の保湿と保護の役割を果たします。
ですので、オイリー肌でも保湿をすることはとても大切です。
ここまでが主に表被の役割になっており、続いて真皮の役割について説明をしていきます。
ここでは主にコラーゲンやヒアルロン酸が関わってきます。
肌には弾力がありますが、なぜ弾力があるのかと言うと真皮が関わってきます。
真皮は表皮を支えていますが、コラーゲンとエラスチンが弾力を保つサポートをしています。
そこの間に含まれるものにヒアルロン酸があり、肌の水分を保つ役割を果たしています。

美肌と言われますが、美肌に大きく関わる細胞が多くあり、繊維芽細胞がそのサポートをしています。
また、しわやたるみの原因はコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が減少することで肌の弾力を支える力がだんだんと衰えてしまいます。
その影響でハリやツヤを失うため、しわやたるみとなってしまうのです。
肌の構造について少し詳しくなることができたと思いますが、主に必要だと言われている成分は、肌バリアを保ったリ、保湿機能を持っていたり、ハリやツヤなどを保ってくれたりなど、色々な役割をそれぞれ果たしてくれていることが分かったと思います。
ですので、肌の構造を知ることができればどのようなスキンケアを心掛けていけばいいのかが分かると思いますので参考にしてみてください。

 

外国人女性3