肌の保湿について知る

MENU

保湿について

女性の誰もが美肌を目指していると思いますが、そのためには潤いが肌には欠かせません。
そのうるおいを保つためには保湿をしなければなりませんが、なぜ保湿をすると潤うのか?保湿について詳しく解説をしていきたいと思います。
まず、角質層によって肌のうるおいは守られています。
肌で言うのであればバリア機能が役割を果たしてくれているのですが、そのおかげで外部からの侵入を守ってくれます。
ですので、水などを触れても、肌に吸収をされるのではなく、水をはじいて皮膚への侵入を防いでくれているのです。
肌には硬いと柔らかいと部位によって違いがありますが、柔らかく感じるのは、皮膚に水分が含まれているからです。
肌に水分があれば、ツヤやハリを維持することができます。
皮膚のうるおい成分として、角質細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂の3つからなりますが、これらが減少をしていくと、皮膚は乾燥をしていきます。
また、体を洗いすぎることによっても皮脂と細胞間脂質は流れてしまうので乾燥します。
肌の保湿は生活習慣にも少なからず影響が出てきてしまう部分でもありますので、注意が必要となるでしょう。
保湿をする際に重要となるのは皮脂です。
皮脂は汗と皮脂が混ざり合うことで保湿効果をアップさせる働きを持っています。
水分の蒸発から防いだり、肌のバリア機能を高めてくれたりします。
ですが、皮脂は多すぎても、少なすぎてもいけない管理が難しいものでもあります。
皮脂が少ないとバリア機能が低下をしてしまい、乾燥肌の原因になります。
また皮脂が多いと肌に汚れが溜まりやすくなり、炎症を起こし、ニキビができやすくなってしまいます。

ですので皮脂をうまくコントロールすることが大事になります。
先ほど書いた天然保湿因子の役割としては、水分と結合をする働きがあるので肌の弾力を保つ働きがあります。
またニキビができやすい人の肌質は保湿力がなくセラミドも少ないことが分かっています。
肌バリアを高めることができれば、ニキビの原因もシャットアウトすることができるようになるでしょう。
一番重視をしなければならないのはいかに肌のバリア機能を低下させることがないようにするかです。
バリア機能を失ってしまえば、肌トラブルが出てきてしまい、乾燥肌や酷ければ敏感肌にもなってしまう可能性が出てきます。
以下の記事にPDFとしてスキンケアについて重要なことを資料としてまとめておいて気になる方は見て頂きたいです。

 

スキンケアについて

 

肌について

 

外国人女性4