紫外線対策をする

MENU

紫外線の恐怖

お肌に悪影響を及ぼすと言われている紫外線ですが、具体的にはなぜ悪影響なのかを詳しく知っている人は少ないと思いますので解説をしていきたいと思います。
まず、紫外線の原因となっているのは太陽の光であり、太陽からの光は波長によって、「赤外線」、「可視光線」、「紫外線」の3つに分けられます。
紫外線は太陽の中の光ではとてもエネルギーが強く、波長によっても、「UV-A」、「UV-B」に分けられます。
波長が短ければ短いほど危険性は高くなります。
紫外線は皮膚がんの原因ともいわれておりますが、UV-Bが主な原因です。
肌トラブルで多いシミやシワやたるみなどがありますが、それぞれの波長によって肌トラブルの原因が異なります。
UV-Aは主にしわやたるみなどの原因となり、肌の真皮まで光が到達します。
真皮にはコラーゲンやエラスチンがありますが、それを破壊します。
コラーゲンやエラスチンの役割は肌に弾力を持たせることなので、肌の弾力が低下し、結果的にしわやたるみなどの原因を引き起こします。
UV-Bは表皮に辿り着く紫外線で、日焼けの原因などに関わっています。
表皮の細胞を破壊するため、やけどなどの原因にもなり、メラニン色素を増加させるので、シミやソバカスなども引き起こします。
有害性はUV-Aよりも多く、紫外線を対策するためにも日焼け止めクリームなどを付ける必要性があります。
紫外線が肌にとってどのような悪影響を及ぼしているのか分かったと思います。
対策としては、夏場は外に出かけるのを控えたり、出かけるとしても日焼け止めクリームは必ず付けて、紫外線に当たらないように日よけグッズなど十分な対策をしていかなければなりません。
また、地球温暖化が激しいとも言われている地球ですが、オゾン層が破壊されてしまった場合、UV-Cも肌トラブルの原因となる可能性も高いです。
紫外線に当たることによって、乾燥などをしてしまうと、スキンケアをした際に、失敗し、さらに肌トラブルの原因となってしまう可能性も出てきてしまいます。

このように、紫外線は肌にとって、悪影響しかないのです。
またケアをするときはなるべく美容成分が多く含まれている、スキンケア商品を選択するのが望ましいでしょう。
詳しい情報はこちらのサイト(ロスミンローヤル・口コミ評判.com)に記載してあるので一度確認をしてみるといいでしょう。

 

スキンケア